くいーんまみー 英国を歩くの巻

夫の留学に伴い、子ども2人を連れて渡英します。ほとんど聞かない私費の子連れ留学。どんな毎日が待っているのかな。

ビザがまだ来ない

あれからかなりの日数が経つのに、家族分のVISAがまだ発給されません。。。

胃がキリキリします。

だって、23日のフライトをおさえちゃったんだもの。。。

 

ケチらずに優先サービスを使えば良かった。

先月21日に申請して、まさかこんなにかかるとは。

 

ちなみに夫は優先サービスを利用して、わりとすぐに届き、

私は先週火曜日に受け取り。

問題は子ども達の。。。なぜ私のと一緒に来ないんだ。。。

 

ううう。

特典航空券 ANAかJALか

燃油サーチャージが8月1日発券分から値下がりしたようなので

予約がますます埋まってしまわないか心配しています。

渡航日は8月3週目を予定。

ちなみに家族分のVISA発給はまだ。。。

 

夫の航空券は奨学金を支給してくれるところがアレンジしてくれるのですが

日程だけリクエストして、航空会社や時間帯などは選べません。

ただ、「直行便」なのは確実なので、JALANAかBAか・・・?

 

ANAJAL(片道)共に2人分ならロンドンまで特典航空券が発券出来そうなので、

(合算出来たら良いのになぁ。。。)

二手に分かれることになりそうです。

我が家は駐在ではなく「私費留学」なので、節約に徹します!!

 

海外出張の多い仕事なので、ワンワールドスターアライアンス

それぞれ上級会員なのですが、JALは8月中、どの日程もキャンセル待ち。

ANAはほぼ空席あり。ふーーーーーーむ・・・。

 

それから、亡くなった父が遺してくれたピアノだけは

どこかに預ける予定にしていますが、基本的に

あちらに持って行く荷物は飛行機に詰める分だけと決めているので、

機内預けスーツケース4個に、大きな段ボール数箱、ベビーカー(一応)だけで、

嫁入り道具や電化製品はすべてメルカリ、ヤフオク、業者などで処分する予定。

1ポンドでも多く持っていきます!!

どうかどうか売れますように。。。

イギリスビザ Tier 4 General (Sponsored)Student 無事受領

先程、夫から連絡があり、VISAが無事におりていました~^^

コース開始は9月11日で、8月28日に渡航予定と書いて、

そこからだいぶ余裕のある8月14日から渡航可能なVISAでした。

 

先週金曜日(28日)に新橋のVISAセンターから

「あなたのパスポートが届いています。取りに来てね~!」

という旨のメール(英語)があり、「え!?マニラから審査終了の連絡が無いわ!」

と不安に思っていましたが、時々こういうことがあるようです。

 

前にも書きましたが、7月21日に申請(31日受取なので10日間)し、

夫は優先サービスを利用。

家族はSMSサービスなど何も付けずにそのまま申請しました。

 

よって、家族分はマニラのセンターからの受領の連絡が無いので

ちゃんと届いてるの~?と不安に思っていましたが、

今日夫が新橋へ自分のVISAを受領しに行ったついでに聞いてみたところ、

「無事に受領はしていて審査中です。」と教えてくれたようです。

SMSサービスはマニラでの受領&審査終了・返却のみ、2回の連絡で、

審査終了・返却はSMSサービスを付けなくても連絡が来るようです。

 

あとは家族分がいつ出るか・・・。

家族分も無事に発給されたら、申請書類の記入方法をアップしようと思います。

 

くもん未来フォーラムin新宿

くもん未来フォーラムin新宿

 

息子はこの日をとっても楽しみにしていました。

朝からちょっぴりソワソワ。

 

どんな内容だったか詳細は伏せるとして、

さすが教育を生業にしてるだけあるわ~

と感心しました。

子と、親の心をくすぐり、もっと頑張ろうと思わせる言葉の数々。

息子にもかなり刺激になったようで

英語以外の算数や国語へのモチベーションもアップしたようです。

「学力が自信になる」って素晴らしいことだと思います。

 

上には上がいるもので、数学でL教材の小1?年長さん?がいて

もうびーっくり。すごいなぁ。

うちは英語での招待ですが、本当は数学の力をもっとつけたい。。。

 

学年に関係なく、落ち着いた物静かなお子さん、

同じく落ち着いた雰囲気の保護者が多くて、

子ども達は高学年になるとメガネ着用率高し。

 

くもんは賛否両論かもしれませんが、

私も小学生の頃、くもんをしていて本当に良かった~

と思っているので、迷わず子どもを通わせました。

当時お世話になっていたくもんの先生が

両親に中学受験を勧めて下さったおかげで今の私があります。

 

算数、国語は通い始めてちょうど1年。

英語は9か月位。

息子が宿題を嫌がったことは一度もなく、むしろ

得意なことが増え、新しいことが分かり、どんどん先へ進むのが

嬉しくて楽しくてたまらないようです。

(ちなみに私は子どもの頃、嫌でたまらず、

名前入りのお直しプリント&宿題を近くの用水路に捨てて帰り、

母がスーパーの帰りに川にぷかぷか浮かんだプリントを見て、

激怒しながら帰ってきた記憶が。。。汗)

 

息子は小さな頃から言葉も発達も遅く、本当に心配しながら

子育てしてきました。不安で不安で泣いた夜も。

3月末生まれなので余計に目立ってしまって・・・。

 

あの頃の私に教えてあげたいなぁ。

「大丈夫だよ、心配しないでもっとおおらかに子育てをして、

毎日を一緒に楽しんでね!」と。

 

それから、公文式はどこの教室でも良いわけではなく、

きちんと教室(つまり先生)を選ぶことが大切だと感じます。

近所なら良い、というわけではなくて、

子どものことをよく見て下さって、心から大切に思って下さって、

きちんと指導して下さる先生。

私は近所の5教室ほど、外観や入っていく生徒さんの

様子をこっそり見て(怪しい!?)から、お電話し、

そこでの対応や話しぶりから判断し、今のお教室に

息子と娘をお願いすることにしました。

 

結果、大正解。本当に良い先生に出会うことが出来ました。

子ども達のことをじっくりよく観察して、強み、弱みも

理解した上で、こういう風に教材を進めましょう、と

親子共に納得して前へ進めます。

 

そういった力量のある先生だから、

未来フォーラムに招待される生徒さんが続々と出てくるのも頷けます。

 

くもん歴4か月の娘も招待されたかったようで、

とっても悔しそう&残念そうでした。帰国したら、ね。

イギリスのビザ申請 音沙汰なし

有難いことに某奨学金を頂けることになり

「Tier4(General)(Sponsored)student」カテゴリーで申請したのは7月21日。

 

奨学金の結果を待って、どこの大学院に行くか決めることにしていたので

ギリギリまでVISA申請も何もかも出来ていませんでした。

 

で、合格!

家中が歓喜に沸きました。

主人の第一志望の大学院に進むことが出来ることに加え、

これまでの経歴や努力が認められたことに

感謝と有難さと感動で胸が震えました。

 

Tier4(General)(Sponsored)studentカテゴリーの

Dependant(配偶者、子ども)の申請で、焦りもあってかなり手こずり

申請費(IHSも入れて1人あたり10万円超え)を支払った後に

結局、某会社でVISAサポートを受けることに。

で、最初の申請は返金処理をお願い(1週間ほど経ちますが音沙汰なし)。

 

夫は優先サービスを利用したものの、家族は通常サービスのまま。

だって、高い!!家族全員で10万円超って~~。

これまでにビザ申請費用だけで90万円弱(まだリファウンドされてないから)

も使ったのに、それに加えて10万円超だなんて無理~~~

 

夫の方はすぐにマニラに転送しましたよ~という旨のメールが来たものの

家族VISAについてはやっぱり音沙汰なし。そんなものかしら。。。

 

もしVISA申請がうまくいったら、申請書の書き方を

こちらでシェアしたいと思います。

ああ、早く無事にVISAが発給されますように。。。

息子6歳 英検3級合格

息子が英検3級の1次・2次試験共に、6歳で合格(^ ^)

日本語が疎かになるとよく誤解されますが、

もちろん日本語も出来て、敬語も使えて、

漢字も小学校3年生で習う範囲までは学習済みです。


3月末生まれなので、お誕生日が一番遅くて、

小学校にあがっても他の子たちより体もひとまわり小さい。

親として心配で(不安で)、何か自信になるものを、と

3歳から始めた英語育児。


3歳から4歳まではバイリンガル育成をうたった

英会話教室に1年通ったけれど、

そのあとは完全自宅学習のみ。

家では私が厳選した英語のDVDのみ。

(日本語のアニメってちょっと懲罰的、

暴力的なものが多いような気がしています。例えば、アンパンマン。)

絵本は英語と日本語半分ずつ。

フォニックスと簡単な英会話は家で実践。

5歳からはアルファベットの読み書きの練習のため、

くもんにお世話になっています。

今では4歳の妹と英語で会話するし、電車で外国人観光客を見かけると

すすんで英語で話しかけたり、自信を持つことが出来ている様子。


そんなこんなで息子は、

ロンドンでは「日本人のいない地域に住んでみたい」と

熱望しているわけです。

英検を受験させるにあたり、私のちょっとしたこだわり?は、

準会場ではなく、知らない人に混ざって、本会場で受験すること。

緊張する経験、どんな場所でも集中する経験…

合否よりそういう経験の方が大事だと思うので、

幼稚園児の時に受験した5級の時からそうしていました。

英語が大好きで、息子自身、

「合格したい」欲が出るようになり、

成長したなぁと思います。よく頑張りました。

 

負けず嫌いな妹は、

「私だってエイケンやりたかった!」と大泣き。

話せる、聞ける、はお兄ちゃんと同じ位のレベルだけど、まだ読めず。

そろそろフォニックスを教え始めようかなぁ。

イギリスの携帯電話 giffgaff

日本で出来る渡英準備の1つ。

(英国の)携帯電話の契約。

 

色々調べたところ、安くて電波の繋がりが良いと評判なのが

日本のNTTにあたる(?)O2の回線を使っている格安SIM「giffgaff」。

10ポンドで2GBまでネットが使えて、500分話し放題。テキストも送り放題。

これで十分です~~~

 

いま日本でUQモバイルを使っているのだけど、

その前はauに一体いくら払っていたのか・・・(涙)

格安SIMっていまいちなイメージがあったけれど、UQは全然そんなことなし!

吉祥寺駅界隈が生活圏ですが、朝でもお昼でも夕方でも夜でも

本当によく繋がります。

auとの違いをまーーーーったく感じず、

これで980円って、泣きたくなります。

 

そんなこんなで勢い余って、メルカリでSIMを500円で購入してしまったのだけど、

よくよく調べたら無料で日本の自宅まで送ってくれる~~~

 

www.giffgaff.com

 

ショック。無料なものに500円も払ってしまった。

f:id:Greatmum:20170726105201j:image

しかも、1週間くらいで届きました。名前入りで。

 

皆さんも気をつけて下さいね。